交通事故ガイド: 交通事故がおきたら始めにすること

交通事故がおきたら始めにすること

交通事故がおきたら始めにすること

交通事故が起きた際には、適切な判断と対応が必要

交通事故は、現在の車社会では日常的に起こってしまうものです。車を運手する人はもちろんのこと、オートバイ、自転車、歩行者も加害者や被害者になる可能性があります。万が一、交通事故が起こってしまっても上手な解決を行なえるように常日頃から考えておく必要があるでしょう。

事故直後の義務(被害者)

1.加害者の情報をメモしてください。

加害者の情報は必ず確認してください。本籍をメモしておけば、戸籍により住民票を後で追うことができます。最低でも、住所や勤務先、連絡先等の加害者情報を確認する必要があります。

2.加害車両の確認をしてください。

加害車両の登録番号や所有者、そして保険内容などの確認も重要です。これらは後々の損害賠償問題にも関連してきます。基本的には加害者の加入している保険会社とのやり取りで確認できますが、加害者が任意保険に加入していなかった場合は加害者本人とのやり取りが必要です。この場合は当然ながら保険会社のような対応は期待できず、問題が発生することも考えられます。

3.証拠保全をして下さい。

交通事故直後には、現場に多くの証拠が残されています。また、事故の目撃者がいるようであれば名前と連絡先を聞いておき、後日証人になってもらうようにしましょう。被害者の立場で現場調査を行う方はほとんどいませんが、それによって立場を有利にすることが可能です。

4.警察に届出すること

交通事故が発生したら、まずは「最寄の警察署(派出所または駐在所を含む)の警察官」に、事故の報告をしなければなりません。決して当事者だけで示談にしようなどとはしないでください。届出を行うことで、自動車安全運転センターから「交通事故証明書」が発行されます。この証明書が保険会社への損害賠償請求や裁判の際に必要となるのです。

5.運転者の名刺をもらう。なければ会社名、連絡先をメモする。携帯電話番号を教えてもらう。

会社の業務上の運転途中の事故であれば、勤務先会社も損害賠償責任を負担します。請求の相手方に加えることができるかもしれません。また、保険に加入していないような場合、運転者の給料を差し押さえる等の手段しかない場合があるため、勤務先を聞いておく必要があります。

6.目撃者の確保。氏名、住所、連絡先をメモする。可能であれば、その場で証言を録音、文書化。

交通事故では、後で運転者が言い分を翻し、責任を被害者になすりつけてくる場合がとても多くあります。したがって、目撃者を確保しておく必要があります。

7.保険会社へ報告してください。

自動車保険に加入している場合には、交通事故の発生日時、発生場所、概要を保険会社へ報告する必要があります。

地図から弁護士事務所を検索

交通事故ガイド

地図から弁護士事務所を検索

交通事故問題解決相談所モバイル版

交通事故問題解決相談所モバイル版QRコード
交通事故問題解決相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。 モバイル版URL:

http://www.jiko-kaiketsu.com/i/

関連サイト

「債務整理・過払い請求」相談所
債務整理・過払い請求の悩みを解決へサポートするポータルサイトです。
自己破産・債務整理
自己破産・債務整理など困ったときの解決策を 紹介しています。
相続・遺言相談所
相続・遺言でお悩みの方は、「相続・遺言相談 所」で事務所検索!
離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所
離婚の悩み、解決しませんか?離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所。
会社設立・法人登記相談所
会社設立に関するご相談なら【会社設立・法人登記相談所】

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階
TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ