交通事故ガイド: 交通事故後の対応

交通事故後の対応

1.交通事故にあってケガをした

交通事故に遭ってケガをした。そのような場合、様々な面で日常生活に支障をきたします。
通院、治療、勤務先への対応等、日々の対応だけで精一杯になってしまうのも仕方がないことだと思います。
そんな中で、事故後の補償のことまで考えられない、という方がほとんどです。
しかし、実はきちんとした補償を受けるには、事故直後から適切に対応することが極めて大事です。
ですので、当サイトでは事故直後からの専門家への相談することを薦めております。

2.後遺障害(後遺症)が残ってしまった

事故による症状が残っていても、これ以上治療を続けてもその症状の改善が見込めない状態となったことを「症状固定」といいます。症状固定となると、治療費 は打ち切られ、あとはその症状について後遺症(後遺障害)の等級を認定してもらって、後遺症による損害の賠償を受けることとなります。
しかし、適正な後遺症等級認定をしてもらえない場合もあり得ます。
後遺症が残った場合も、専門家にご相談ください。

3.慰謝料を請求したい

事故で被ったケガで精神的に苦痛だ、家族を亡くして無念だ…せめて慰謝料は支払ってほしいと思うのが当然です。
保険会社は、自賠責基準、任意保険基準といった低い額を提案するケースがありますが、専門家に相談することで適正な価格を請求することが可能になります。

4.治療費・休業損害を打ち切られた

まだ治療が必要なのに治療費を打ち切られた、まだ仕事に行けないのに休業損害を打ち切られた、という声をよく聞きます。 この時点でも、疑問や不満を感じられた場合は、専門家にご相談ください。
専門家に相談することで、保険会社の対応が変わることもあります。

5.加害者より示談の提案を受けた

保険会社から示談の提案が送られてきたけど、損害賠償額に納得がいかない、それ以前にそもそも見方がよく分からない。
多くの方が、そう思われていることと思います。
結論から言いますと、保険会社の提案額は、専門家の目から見て、低いと言わざるを得ません。

6.収入の補償をしてもらいたい…

事故によって収入の道を絶たれれば、日々の生活にも困ります。
事故にあわなかったら、どれだけ収入があったのか、この収入を補うのが逸失利益の損害賠償です。
しかし、この逸失利益も不当に低く見積もられてしまうことが少なくありません。
正当に評価されるよう専門家にご相談されることをおすすめします。

7.家族の死亡補償をしてもらいたい

死亡事故の場合は当人の証言が無いために慰謝料を低く評価された上に、事故状況は加害者の言い分どおりの不合理なことになってしまうケースがあります。そうなる前に専門家に相談されることをおすすめします。

地図から弁護士事務所を検索

交通事故ガイド

地図から弁護士事務所を検索

交通事故問題解決相談所モバイル版

交通事故問題解決相談所モバイル版QRコード
交通事故問題解決相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。 モバイル版URL:

http://www.jiko-kaiketsu.com/i/

関連サイト

「債務整理・過払い請求」相談所
債務整理・過払い請求の悩みを解決へサポートするポータルサイトです。
自己破産・債務整理
自己破産・債務整理など困ったときの解決策を 紹介しています。
相続・遺言相談所
相続・遺言でお悩みの方は、「相続・遺言相談 所」で事務所検索!
離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所
離婚の悩み、解決しませんか?離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所。
会社設立・法人登記相談所
会社設立に関するご相談なら【会社設立・法人登記相談所】

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階
TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ