交通事故がおきたら始めにすること

刑事手続、民事手続、行政手続

交通事故が発生した場合には、刑事手続、民事手続、行政手続の3つの流れが発生します。

(1)民事責任

交通事故の加害者は、被害者に対して、損害賠償義務を負います。

(2)刑事責任

交通事故の加害者は、自動車運転過失致死傷罪などの罪責を負い、刑事罰(懲役刑、罰金刑など)を受けます。

(3)行政上の責任

交通事故の加害者は、行政処分(免許の取消処分・停止処分など)を受けます。

1. 民事責任

交通事故を起こすと、加害者(運転者)は、被害者に対して不法行為が成立し、 被害者が被った損害を賠償しなければならない義務が発生します。加害者(運転者)だけではありません。 その運転が会社の業務上の運転である場合には、民法715条により、会社も使用者責任を問われ、また自賠法により、 加害車両の保有者も損害賠償義務が発生します。

賠償の対象となる損害は、人身損害と物損害があります。

手続としては、示談により解決する場合と調停や訴訟により解決する場合があります。損害の賠償の仕方としては、加害者等が支払う場合、 自賠責保険で支払う場合、任意保険で支払う場合等があります。

2. 刑事責任

交通事故を起こした時、加害者には、以下のような刑事処罰が科せられる場合があります。

1. 業務上過失致死傷罪
2. 危険運転致死傷罪
3. 重過失致死傷罪
4. 道路交通法違反罪

刑事事件になるときは、加害者は、逮捕・勾留されて取り調べを受ける場合と、逮捕・勾留されずに(在宅事件といいます) 取り調べを受ける場合があります。まず、警察において事故現場の実況見分や取り調べ、供述調書の作成等がなされ、検察庁に送致され、 再度検察庁で取り調べを行われます。
その結果、検察庁において起訴するかどうかが決定されます。

起訴されると、その後は刑事裁判になります。刑事裁判は、民事裁判とは全く別で加害者に刑罰を科すかどうかだけを審理します。 正式に起訴(公判請求といいます)されない場合でも、罰金だけを科す場合には、略式起訴といい、 即日判決が出る手続が行われる場合もあります。起訴も略式起訴もされない場合は、不起訴となります。

刑事手続は民事手続とは全く別個ですが、被害者と示談が成立し、被害者に被害弁償されている場合には、 加害者に有利に進められることになります。

3. 行政上の責任

道路交通法規に違反している場合には、運転者には違反点数が課せられ、違反点数が一定以上になると、免許取消や免許停止、 反則金等の行政処分を受けることになります。この行政手続も、刑事事件や民事事件とは全く別個に進行します。したがって、 行政処分を受けて反則金を支払ったからといって、刑事処分を免れるわけではありません。

地図から弁護士事務所を検索

交通事故ガイド

地図から弁護士事務所を検索

交通事故問題解決相談所モバイル版

交通事故問題解決相談所モバイル版QRコード
交通事故問題解決相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。 モバイル版URL:

http://www.jiko-kaiketsu.com/i/

関連サイト

「債務整理・過払い請求」相談所
債務整理・過払い請求の悩みを解決へサポートするポータルサイトです。
自己破産・債務整理
自己破産・債務整理など困ったときの解決策を 紹介しています。
相続・遺言相談所
相続・遺言でお悩みの方は、「相続・遺言相談 所」で事務所検索!
離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所
離婚の悩み、解決しませんか?離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所。
会社設立・法人登記相談所
会社設立に関するご相談なら【会社設立・法人登記相談所】

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階
TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ