後遺障害:脳損傷による重度後遺障害(後遺症)

脳損傷による重度後遺障害(後遺症)

遷延性意識障害(植物状態)

遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)(植物状態)の定義は、以下のようになっています。

  1. 自力移動が不可能である。
  2. 自力摂食が不可能である。
  3. 糞・尿失禁がある。
  4. 声を出しても意味のある発語が全く不可能である。
  5. 簡単な命令には辛うじて応じることもできるが、ほとんど意思疎通は不可能である。
  6. 眼球は動いていても認識することはできない。

以上の6項目が、治療にもかかわらず3か月以上続いた場合

(1)高次脳機能

高次脳機能(こうじのうきのう)とは、認知能力(記憶力、集中力、判断力等)や人格(感動、嫉妬等)を司る脳機能のことをいいます。

これに対して、低次脳機能とは、生物である人間としての各種の行動(食べる、歩く等)を司る脳機能のことをいいます。

高次脳機能は、高等生物である人間としての能力や人格を司る脳機能であるということができます。

(2)(脳外傷による)高次脳機能障害

(脳外傷による)高次脳機能障害とは、脳外傷を受けて、認知障害人格変化が生じる障害のことをいいます。

(脳外傷による)高次脳機能障害は、脳外傷を受けた後、意識障害過程を経て、意識回復後、認知障害や人格変化が生じる障害であると考えられています。

認知障害
  • 記憶・記銘力障害
  • 集中力障害
  • 遂行機能障害
  • 判断力低下
  • 病識欠落
人格変化
  • 感情易変
  • 不機嫌
  • 攻撃性
  • 暴言・暴力
  • 幼稚
  • 羞恥心の低下
  • 多弁(饒舌)
  • 自発性・活動性の低下
  • 病的嫉妬・ねたみ
  • 被害妄想

四肢麻痺、片麻痺

麻痺(まひ)の範囲は、次の4つに分類できます。

(1)四肢麻痺

四肢麻痺(ししまひ)とは、両側の四肢の麻痺のことです。

(2)片麻痺

片麻痺とは、一側上下肢の麻痺のことです。

(3)対麻痺

対麻痺とは、両下肢又は両上肢の麻痺のことです。

(4)単麻痺

単麻痺とは、上肢又は下肢の一肢のみの麻痺のことです。

地図から弁護士事務所を検索

後遺障害

地図から弁護士事務所を検索

交通事故問題解決相談所モバイル版

交通事故問題解決相談所モバイル版QRコード
交通事故問題解決相談所モバイル版は右のQRコードを読み取るか、こちらをクリックして下さい。 モバイル版URL:

http://www.jiko-kaiketsu.com/i/

関連サイト

「債務整理・過払い請求」相談所
債務整理・過払い請求の悩みを解決へサポートするポータルサイトです。
自己破産・債務整理
自己破産・債務整理など困ったときの解決策を 紹介しています。
相続・遺言相談所
相続・遺言でお悩みの方は、「相続・遺言相談 所」で事務所検索!
離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所
離婚の悩み、解決しませんか?離婚相談・離婚問題のことなら離婚問題相談所。
会社設立・法人登記相談所
会社設立に関するご相談なら【会社設立・法人登記相談所】

運営会社情報

株式会社リーガルビジョン

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-12-22
渋谷プレステージビル2階
TEL:03-5468-6222
FAX:03-5468-6223

運営会社情報

広告のお問い合わせ
このページの先頭へ